2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【論理パズル】intelが天才を求めているようです

1 :ぬーん:2009/10/07(水) 13:47:01
ある所に、6人の男女がいた。
その6人の男女は金がなくて困っている。
そこに、ある一人の裕福な男がやってきた。
その男は6人の男女が金に困ってると聞いて、
彼らにある問題を出した。
「まず6人のうち5人に10から1までの番号を付ける(番号は重なってもいい)。
5人は他人の番号は分かるが、自分の番号は分からない。
残りの1人は5人の番号をすべて見ることができる。
そして、残りの1人に青色のチケットと赤色のチケットを渡して、
どっちか1枚を5人のうちの誰かに渡す。
5人はだれに何色のカードが渡ったのか分かる。
そして5人は自分の番号を当てる。
さあ、君たちにできるかな、できたら思う存分の金をあげよう。」
5人は確実に自分の番号を当てることができるであろうか。
確実にできないとすればどのくらいの確率で当てることができるであろうか。
(6人は会話、アイコンタクト、モールス信号などの行為で番号を伝えあうことはできません)

2 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 14:07:33
事前に打ち合わせは出来るの? チケットについてとか

3 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 14:49:02
できるだろうなそりゃ

4 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 15:05:55
本当にお金がもらえるかどうかは問題じゃないのね。

5 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 15:11:40
>>2
否… 番号を知るには ticket は関係ない様です
6人の中の1人が5人 全ての番号を知る事が出来る事も関係が無い
5人が二つずつ番号を受ける事に為り5人が他人の番号が分かるので在れば
ticket の意味は分からなくても 100% 番号を答えられる筈…
5人は他人の番号を見て残りの自分の二つの番号を答えるだけです
ticket に意味が在るとすれば 男女の区別ですか…

6 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 15:19:45
>>5
日本語でおk

7 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 15:39:59
>確実にできないとすればどのくらいの確率で当てることができるであろうか。

これが少し悩ましいなぁ。

8 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 15:41:37
>>5
お前問題の意味勘違いしてない?


9 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 15:52:57
確実にできないのはハッキリしてる。
組み合わせ最小になるのは最も小さい番号が6以上ならば最も小さい番号の人に青を
最も大きい番号が5以下ならば最も大きい番号の人に赤を渡す場合だろうけど
確率計算が面倒くさいからやめた。

10 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 15:54:05
全員に1-10まで割り当てりゃいい

11 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:00:54
>>8
はて…
仮に 6人に番号を付けるので在れば 確率の計算も入ると考えられます
6人中 2人の番号が ひとつに成るからです
そうなると ticket も多少なり確率を変化させる物と為るのですが…
例えば 色で番号の大きさを区別して順番を付ける など

12 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:01:54
ちなみに誤り訂正符合の話であって別にIntelが作った論理パズルではない

13 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:05:42
>>11 plus
以外と疑問に為って居るのですね…
この場合だと 全員の番号を見れる者の番号は他の5人に知られては成らない筈です

14 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:10:56
>>13
他の4人でしょ。問題読め。

15 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:16:18
>>14
否… 問題に対しては >>5 です
>>11 の状態で在れば >>13 の条件が付くと云う意味です

16 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:16:47
>>11
問題読めよ

17 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:18:59
だ か ら
問題をちゃんと読め


18 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:24:09
>>16
他の番号が分かって自分の ふたつの番号を当てる確率を… どうぞ
ticket も関係しているらしいです

19 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:26:22
これは全員加算した値の下一桁をパリティーとすればいい
2 5 ? 9 4 : 7
という数値をみて?がどの位置にあっても?が何であるかわかるということ
右から2番目の人に青を渡したらパリティー2赤の時は+5して7のように決めておけばいい
要は誤り訂正の問題だと気付くのにどれだけ時間がかかるかみるための問題でしょう

20 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:33:47
>>19
5人の順番に対して残る1人の ticket を渡す乱数ですか?
>決めておけばいい
(6人は会話、アイコンタクト、モールス信号などの行為で番号を伝えあうことはできません)
微妙です

21 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:36:56
予め相談するのが無効なわけないだろ。
いきなり紙渡されてもわけわからないだろw。

22 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:38:55
この本の最初の問題じゃなかったっけ。
『プログラマのための論理パズル 難題を突破する論理思考トレーニング』
http://www.amazon.co.jp/dp/4274067556

23 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:39:08
>>21
そうです 使用の用途が書いて無いのです

24 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:41:26
チェックサム

25 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 16:52:55
>>20 plus
ですが 番号に対してです…
>>19
ticket に割当を行うので在れば [-2, -1, 0, +1, +2] の方が良い気がします
ですが ticket を渡す乱数と云うのは外せないと思いますが…

26 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 17:08:13
このスレッドは天才チンパンジー「アイちゃん」が
言語訓練のために立てたものです。

アイと研究員とのやり取りに利用するスレッドなので、
関係者以外は書きこまないで下さい。

                  京都大学霊長類研究所


27 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 17:30:22
天才()笑い

28 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 17:38:12
>>25 plus (ticket の割当を決める)
え…と この定義を導入すると ticket を渡された者が言い当てられるか? に…
例えば 青であれば 偶数 赤であれば 奇数 つまり ふたつの番号の 奇数 偶数 が同じ場合に 赤か 青が渡される?
5人で同じ順番方向に番号を付ければ 奇数 偶数 が同じに成る確率は無いと考えられます…
仮に折り返しで番号の順序を割り当てる場合は両方を持つので渡された 奇数 か 偶数 を答える
ticket に対しての割当は この様な処でしょうか?
この場合で渡された ticket の色の 奇数 偶数 が分からない状態で答えるので在れば
計算が間違えて無ければ 恐らく 18% の確率で当たる と思います

29 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 17:56:48
こういうのって
なんであり得ない例えを使って
問題を解りにくくするんだろう?

30 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:09:57
>>29
分かり難いですか?
他の人の番号が分かる時点で自分の ふたつの番号は分かって仕舞います
確率を導きだす問題までには成っていないと思われます

>>28 訂正
    >5人で同じ順番方向に番号を付ければ 奇数 偶数 が同じに成る つまり確率は無いと考えられます…
    >この場合で渡された ticket の色の 奇数 偶数 が分からない状態で答えるので成らないのなら
    >恐らく 計算が間違えて無ければ 18% の確率で当たる と思います

31 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:20:10
自分のふたつって何よ?

32 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:20:18
>>29
無駄な情報を捨象する能力を求めているようだ

33 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:21:17
あと、色のカードはどっちか一枚だけを誰か一人だけに渡すと書いてあるようだが

34 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:21:50
そもそも問題を理解出来ないんだから意味がない。
問題読めって何回言わせんだ

35 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:39:59
最近の若いもんはチェックサムも知らんのかω

36 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:43:08
>6人は会話、アイコンタクト、モールス信号などの行為で番号を伝えあうことはできません
あいまいな問題だな。
抜け道はいくらでもありそう。

37 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:48:51
話しちゃいけないのは番号であって、
大きいか小さいか等しいかなどは話してかまわないのです。

38 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 18:50:23
カードはいらんね。

39 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 19:19:15
Sorry, multi.

>>31
( >>1 問題 )
>5人に10から1までの番号を付ける

番号は1人に対し ふたつに為ると云う説明が必要だった様ですね

>>33
( >>1 問題 )
>どっちか1枚を5人のうちの誰かに渡す

>仮に折り返しで番号の順序を割り当てる場合は両方を持つので渡された 奇数 か 偶数 を答える
>この場合で渡された ticket の色の 奇数 偶数 が分からない状態で答えるので在れば
つまり 番号を答えるのに確率を含みます

>>35
この問題に対しての source を書けと云う事ですか?

40 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 19:28:13
>>22
問題の意味を理解するだけで一苦労だ
この本難しいな

41 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 19:40:52
カードを配る際に、番号を書いてあげればいいんじゃないかな?

42 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 19:45:08
こうゆう問題は抜け道を考えてしまうからなぁw
コンピュータの中で人が情報運んでるわけじゃないから、すげー曖昧さが

43 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 20:17:11
>番号は1人に対し ふたつに為ると云う説明が必要だった様ですね



44 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 20:18:03
どこにそんなこと書いてあんだよw


45 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 20:57:38
( >>1 問題 )
>まず6人のうち5人に10から1までの番号を付ける(番号は重なってもいい)

>>44
5人に 10 から 1 まで番号を付けると5人は番号を幾つ持つ事に為るでしょうか?

46 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 21:37:45
>>45
重複有りだから無限につけられるよ

47 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 21:45:52
>>39
完全基地外かよwww

48 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 21:57:26
> 5人は確実に自分の番号を当てることができるであろうか。
無理。

> 確実にできないとすればどのくらいの確率で当てることができるであろうか。
1/10

49 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 22:01:06
>>40
中途半端に人に例えて説明すると
全員グルだった場合は?とか
誰かが裏切った場合は?というような
余計なことを考えないといけないからな。

50 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 22:35:55
>>19 できっちり解説されているのになぜうだうだやってるんだろう?

51 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 22:45:37
>>50
パズルと現実を混同している人が、現実ならああだこうだと文句を言っているから

52 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 22:50:01
>>19
決めておけばいいって言われても、
> (6人は会話、アイコンタクト、モールス信号などの行為で番号を伝えあうことはできません)
っていう条件でどうやってそういう取り決めをするのかという問題が。

53 :デフォルトの名無しさん:2009/10/07(水) 22:59:58
結論
問題に不備があるので回答不能

54 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 00:05:59
回答する人間は現実の人間だから
問題が訂正されるより先になぜか解き終わっている、ずる賢い人間もいるよ

55 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 08:54:34
>>50
パリティは間違いだが

56 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 09:36:05
>>47
>完全基地外かよwww
自分でも そう思います…

>>50
>19 できっちり解説されているのになぜうだうだやってるんだろう?
これですか? 確率を答えるのに定義されて無い 赤/青 を答える必要性があると思いますか?
>これは全員加算した値の下一桁をパリティーとすればいい
>2 5 ? 9 4 : 7
>という数値をみて?がどの位置にあっても?が何であるかわかるということ
>右から2番目の人に青を渡したらパリティー2赤の時は+5して7のように決めておけばいい
>要は誤り訂正の問題だと気付くのにどれだけ時間がかかるかみるための問題でしょう
結局 【問題】確率を算出する定義を考えなさい だと思えます…
合理的に定義すれば 1/17 の確率 ですか…

57 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 09:37:23
>>56
確率は1だよ


58 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 09:40:55
>>57
何故です

59 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 09:41:10
<カードを渡す人>
カードの渡し方は、5人のうちの誰か×赤青のどちらかで10通り。
5人の数値の合計の下1桁(10で割った余り)に応じて、10通りのどれにするかを決めておけばよい。

<答える人>
自分以外の4人の数の合計と渡されたカードによって決まる数から、
自分の番号が計算できる。


60 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 09:56:26
>>59
番号は重なってもいい と為って居る事が理由ですが?
5/10 で番号が割り当てられては無いと思うのです…
つまり 番号は 一つでは無いと言う意味ですが
因みに始めに私が答えたのは >>5 です
やはり 【問題】確率を算出する定義を考えなさい では…

>まず6人のうち5人に10から1までの番号を付ける(番号は重なってもいい)
>5人は他人の番号は分かるが、自分の番号は分からない。
>残りの1人は5人の番号をすべて見ることができる。
>そして、残りの1人に青色のチケットと赤色のチケットを渡して、
>どっちか1枚を5人のうちの誰かに渡す

61 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 10:11:06
番号が重なっていいってわざわざ書いてんだから、
番号2つずつなわけないだろ。
そもそもそれじゃ問題にならないって分かってんのに
何で問題の意味をわざわざ変えてウダウダ言ってんの?


62 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 10:12:55
>>59
目から鱗

63 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 10:15:03
ああ、問題にならないってのは重複なしで2つずつとかの話な。

重なっていいって書いてる時点で2つずつなんて前提と捉える理由はなくなる。

64 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 10:24:11
>>19>>59 って同じ?

65 :59:2009/10/08(木) 10:27:58
>>64
別人だけど、言いたいことは同じ。
パリティじゃなくて、チェックディジットって言う方が正確かも。

66 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 10:29:25
コンピュータ用語でのパリティは別の意味を持つから>>19は他分野が専門なんだろうな

67 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 10:53:15
>>63
と 為るとこの様な感じですか?
S = (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10), E = 2^S, P({k}) = 1/5(k=S)

68 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 11:10:35
>>67 plus
ticket が入るとこの様な感じでしょうか?
S = (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10), E = 2^S, P({k(1/2)}) = 1/5(k=1/2, k=S)

69 :デフォルトの名無しさん:2009/10/08(木) 18:13:17
P=1

70 :デフォルトの名無しさん:2009/10/09(金) 15:52:59
番号が重なって良いのであれば1と2で番号をつけて
色で1と2で分けたらダメなの?

71 :デフォルトの名無しさん:2009/10/09(金) 19:49:06
>>26
これが正解だな

72 :デフォルトの名無しさん:2009/10/09(金) 22:29:09
では、具体例で行きます。
@ABCDEと6人に番号を振ります。
E番の人がチケット係

例、割り振られた番号、@−1、A−2、B−3、C−4、D−5とします。

開始、
チケットを配ります。Aへ青、Bへ青、Cへ青、Dへ赤
@番の人は、1と解りました。

チケットを配ります。@へ青、Bへ青、Cへ赤、Dへ青
A番の人は、2と解りました。

チケットを配ります。@へ青、Aへ青、Cへ赤、Dへ赤
B番の人は、3と解りました。

チケットを配ります。@へ青、Aへ赤、Bへ青、Dへ青
C番の人は、4と解りました。

チケットを配ります。@へ青、Aへ赤、Bへ青、Cへ赤
D番の人は、5と解りました。

5人全員、自分の番号を無事知ることができました。


73 :デフォルトの名無しさん:2009/10/09(金) 22:33:47
なるほど。

74 :デフォルトの名無しさん:2009/10/09(金) 22:44:36
受け取った人が意味を理解していないと、結局は間違った数を答えるだけ。

75 :デフォルトの名無しさん:2009/10/09(金) 23:09:41
どんだけチケットあるんだよ

76 :デフォルトの名無しさん:2009/10/10(土) 00:20:04
チケットは赤と青の2枚だけやろ・・・

>そして、残りの1人に青色のチケットと赤色のチケットを渡して、
>どっちか1枚を5人のうちの誰かに渡す。

77 :デフォルトの名無しさん:2009/10/10(土) 00:30:23
赤と青が一枚ずつとは書いてないな。

78 :デフォルトの名無しさん:2009/10/10(土) 01:51:36
>まず6人のうち5人に10から1までの番号を付ける(番号は重なってもいい)。

文意がさっぱりわからない。
番号が重なるとはどういう意味か?
一人に複数の番号をつけてもいいと言う意味か、あるいは
一つの番号が複数の人についていてもいいと言う意味か、
もしくはその両方がありなのか。

また、6人目が作為的に番号をつけても問題の条件に抵触しないと言えるがそれは良いのか
(何通りかに絞れるが確定できない条件にしておいて、チケットを渡した相手により一つに定まる、など)

>カード
途中でいきなり出てくるこの「カード」とは赤ないし青の「チケット」のことか

チケットを渡すのは一回のみか、回収して何回も渡しても良いのか。

そもそも事前の相談はどこまでアリなのか。

79 :デフォルトの名無しさん:2009/10/10(土) 04:27:12
>>78
文意を知りたい、知る価値があると思ってるなら、
価値のない解釈は無視すればいいし、価値のある解釈が多すぎるならむしろ喜ぶべきだ

80 :デフォルトの名無しさん:2009/10/10(土) 08:44:38
「事前の相談はどこまでアリなのか」に関しては無限に可能性がある。
そんなものを虱潰しにするほど暇ではない。
「価値がある解釈」か否かも一瞬でわかるわけではないと言うことを知るべし。

81 :ピューと吹くりちゃぼう ◆xmy3qIqh96 :2009/10/13(火) 16:04:14
5人の数値の合計を示せればいいのです。5人の数値の合計は、以下のどれかです。

15、16、17、18、19、20、21、22、23、24、25、26、27、28、29、30、31、32、33、34、35、36、37、38、39、40

ところで、赤青の札で示せる情報は

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10

だから、三分の一の確率

82 :デフォルトの名無しさん:2009/10/13(火) 16:19:59
ふとんがふっとんだ

83 :デフォルトの名無しさん:2009/10/13(火) 16:21:14
>>81
完全アホだな。

84 :デフォルトの名無しさん:2009/10/16(金) 22:07:25
まだこのスレあったのか

85 :デフォルトの名無しさん:2009/10/19(月) 14:41:38
>>84
この板でそんなに簡単にはスレ落ちしないよ

86 :デフォルトの名無しさん:2010/02/26(金) 04:49:32
青色、赤色を5人に渡すことによって表せる数値は2進数の5桁、
つまり、0〜31迄の数を表せる。これによって表す数値をAとする。

5人に割り振られる数値の合計をAで表すと事前に決めておけば、
各自はAから自分以外の皆の数の合計を引くことにより自分の数を知ることが出来る。

つまり、自分の数=A−自分以外の皆の数の合計

ところで、5人に割り振られる数の合計は最大で50になるので、Aの取りうる数値の範囲を超える。
その場合を考慮し、やはり事前の取り決めで、合計値が31を超える場合には、
Aには合計値から32を引いた数を入れると約束しておく。

つまり、自分の数=A+32−自分以外の皆の数の合計

従って、自分の数を知りたいときには次の計算を実施する。

A−皆の数の合計が正の場合、自分の数=A−自分以外の皆の数の合計
A−皆の数の合計が負の場合、自分の数=A+32−自分以外の皆の数の合計

以上より、5人は確実に自分の番号を当てることが出来、思う存分の金を得ることが出来る。


87 :デフォルトの名無しさん:2010/02/26(金) 04:59:19
訂正

A−自分以外の皆の数の合計が正の場合、自分の数=A−自分以外の皆の数の合計
A−自分以外の皆の数の合計が負の場合、自分の数=A+32−自分以外の皆の数の合計


88 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 15:30:44
>>86
問題が違ってる。
チケットを渡すのは5人ではなく1人。
0〜9までの10通りしか表せない。

5人に割り振られる数値の合計の下一桁を指し示すことにしておけば、
他の4人の合計の下一桁から自分の数が1〜10の中のどれかは解る。

5人の合計の下一桁をa、他の4人の合計の下一桁をbとすると
a = bなら10。
a > bなら a - b。
a < bなら 10 + a - b。


89 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 01:26:32
こんな解説はどうでしょう。

ABCDEの5人に渡された番号の合計sumは次のようになる。

A B C D E sum
1 + 1 + 1 + 1 + 1 = 5
1 + 1 + 1 + 1 + 2 = 6
1 + 1 + 1 + 1 + 3 = 7
1 + 1 + 1 + 1 + 4 = 8
1 + 1 + 1 + 1 + 5 = 9
1 + 1 + 1 + 1 + 6 = 10
1 + 1 + 1 + 1 + 7 = 11
1 + 1 + 1 + 1 + 8 = 12
1 + 1 + 1 + 1 + 9 = 13
1 + 1 + 1 + 1 + 10 = 14

1 + 1 + 1 + 2 + 1 = 6
1 + 1 + 1 + 2 + 2 = 7
1 + 1 + 1 + 2 + 3 = 8

・・・

Eには他4人の番号がわかっているのだから、sumから他4人の番号を引いた数字が自分の番号となる。
このとき、sumの十の位はEの番号に影響を与えていないので無視できる。
すなわち、ABCDEが自分の番号を知るには、他4人の番号と合計sumの一の位さえあればよい。
他4人の番号はすでにわかっている。
合計値の一の位はカードを渡す時に次のように決めておけばよい。

  A B C D E
青 0 1 2 3 4
赤 5 6 7 8 9

90 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 04:33:36
>>88,89うーん、なるほど違ってた、ちっくしょー

91 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 07:13:58
「カードの渡し方を元に、自分の番号を知る」ことができるようなルールづくりは可能でしょうか、って聞けよ。
カードを渡しました、自分の番号は何でしょうか、じゃ「わからん」としか言えん。

92 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 08:21:42
>>1がバカだってことは今更

93 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 21:25:18
5人をワッカに並べて、それぞれの人に対して、
その人と両隣の和が残りの和より小さい場合は赤。
でない場合は青という定義で配ればいいじゃね?

5分しか考えていないから検証していないが、
多分そうとう情報量を含んでいると思うぞ。

94 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 21:27:06
と思ったら 89 に正解が描いてあった。ちくしょう。

95 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 23:20:40
>>94
>>19 >>59 も参照。

96 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:17:32
こう・・・だな
残りの一人が5人の数字を知っているので この数字を全部足す これを SUMとする
5人のうち一人は、4人の数字を知っている この数字を全部足す これを SUM2とする
そして、SUM − SUM2 から自分に割り当てられた数字を導ける

数式にすると
残り一人の知っている SUM = A+B+C+D+E
5人のうちの一人Aが4つの数字を知っている SUM2 = B+C+D+E
つまり、SUM − SUM2 = (A+B+C+D+E)−(B+C+D+E) = A

同様にして全員求められる

>>89 の十の位は無視でき、1の位だけあればいいというのは、理解できない
カードもなくていい


97 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 12:11:38
>>96
>(6人は会話、アイコンタクト、モールス信号などの行為で番号を伝えあうことはできません)
この条件の下、SUMの値をどうやって他の5人に伝えるのかね?

98 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:05:39
>>97
うぐぅ
それは、答え「だけ」を伝えてはいけないと解釈してたよぅ

人間でなくていいやん

99 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 16:41:08
ABCDEの5人をこんな感じに分ける。
赤組(AB)、 藍組(CD)、 余り組(E)

まず赤組。
AとBの数字が二人とも5以下だったら、Aに赤い紙を渡す  CDEは適当に答えろ
AとBの数字が二人とも6以上だったら、Bに赤い紙を渡す 
Aが5以下、Bが6以上だったら、Aに青い紙を渡す
Aが6以上、Bが5以下だったら、Bに青い紙を渡す

次に藍組。
CとDが4以下だったら、Cに青い紙を渡す  ABEは適当に答えてろ
CとDが7以上だったら、Dに青い紙を渡す
Cが4以下、Dが7以上だったらCに赤い紙を渡す
Cが7以上、Dが4以下だったらDに赤い紙を渡す

最後に余り組。
全員が、5以下だったら赤い紙を渡す。
全員が、6以上だったら青い紙を渡す。



完璧だな

100 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 16:46:43

赤組に紙を渡した場合、
全員が当てる確率
5分の1 * 5分の1 * 10分の1 * 10分の1 * 10分の1で、25000分の1
一人でも当たる確率
10分の7

藍組に紙を渡した場合、
4分の1 * 4分の1 * 10分の1 * 10分の1 * 10分の1で、16000分の1
一人でも当たる確率
20分の16

余り組に紙を渡した場合
藍組に紙を渡した場合、
5分の1 * 5分の1 * 5分の1 * 5分の1 * 5分の1で、3125分の1
一人でも当たる確率
1分の1


ちょっとIntelいってくる

101 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 16:49:57
あ、完璧じゃねえ
>5人は他人の番号は分かるが、自分の番号は分からない。
この要素つかってなかった

102 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 16:59:56
追加追加

まず赤組。
AとBの数字が二人とも5以下ではないのに、Aに赤い紙を渡す → CDEが5以下という合図
AとBの数字が二人とも6以上ではないのに、Bに赤い紙を渡す → CDEが6以上という合図
Aが5以下、Bが6以上ではないのに、Aに青い紙を渡す    → CDEが4以下という合図
Aが6以上、Bが5以下ではないのに、Bに青い紙を渡す    → CDEが7以上という合図

次に藍組。
CとDが4以下ではないのに、Cに青い紙を渡す → ABEが3以下という合図
CとDが7以上ではないのに、Dに青い紙を渡す → ABEが8以上という合図
Cが4以下、Dが7以上ではないのにCに赤い紙を渡す → ABEが2以下という合図
Cが7以上、Dが4以下ではないのにDに赤い紙を渡す → ABEが9以上という合図

最後に余り組。
全員が、5以下ではないのに赤い紙を渡す。 → ABCDのうち2人以上が同じ数字であるという合図
全員が、6以上ではないのに青い紙を渡す。 → ABCDのうち2人以上が、余り組のEと同じ数字であるという合図


103 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 17:04:57
赤組に紙を渡した場合
全員が当たる確率は
A10分1、B10分の1、CDEが、5分の1 で、12500分の1
一人でも当たる確率は
10分の8

藍組に紙を渡した場合
全員があたる確率は
10分の1 * 10分の1 * 4分の1 * 4分の1 * 4分の1で、6400分の1
一人でも当たる確率は
20分の17

余り組に紙を渡した場合は、
全員が当たる確率は、
10分の1 * 10分の1 * 10分の1 * 1 * 1で、1000分の1
一人でも当たる確率は
1分の2


104 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 17:18:31
すべての6パターンをまとめると

20分の14 (10分の7
20分の16
20分の20
20分の16 (10分の8
20分の17
20分の40

20分の123 / 6 → 20.5
よって

一人でも当たる確率は、「40分の41」
全員が当たる確率は、いくつだ しらねっ

つか5人にとって一番単純な作戦を考えてみると、
Aに赤だったらAは1Aに藍だったらAは2、
Bに赤だったらAは3.....
ってやっていくと「40分の56」になる。
この手の問題は、この一番単純な作戦と、
思考を凝らした作戦とで確率がピッタリ同じになるか
あるいは少しだけ僅かに確率がアップするかのどっちかだから

計算ミスかまだ見逃してるのがあるんだと思うだけど、もういいや。

105 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 17:25:38
ミスってんの一箇所あった >>103
赤組に紙を渡した場合
全員があたる確率は
10分の1 * 10分の1 * 4分の1 * 4分の1 * 4分の1で、6400分の1
一人でも当たる確率は
20分の17

藍組に紙を渡した場合
全員があたる確率は
10分の1 * 10分の1 * 3分の1 * 3分の1 * 3分の1で、2700分の1
一人でも当たる確率は
30分の36

20分の14 (10分の7
20分の16
20分の20  40
20分の17 
20分の18 35
20分の40
125
/ 6 → 20.83333
よって「200分の208」→「50の52」
単純な計算のときは「50分の70」
まだ確率低い

106 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 17:33:26
ああ、もしも、赤組、藍組、余り組を、動的に作ってもいいなら確率うpるか
無言ならば、5人の立ってる位置をちょっと変えたりしてもいいとか
動的にチームわけしてもいいってルールなら、
1,1,1,1,1の5チームのパターン
1,2,1,1、の4チームのパターン
1,3,1,
1,4
2,3、
って分けれるから、あと5回いまの思考を繰り返さないといけないwwwwwwwwwwww

107 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 17:58:34
問題へのつっこみを二つ
>5人はだれに何色のカードが渡ったのか分かる。
が、
>5人はだれに何色のカードが渡ったのか見える。
のだったら
紙を渡す奴が持ってる腕、指の形、渡される奴、渡される側の腕、
そこで、10^5 以上のパターンを作る事が出来るから5人全員が数字を当てれる可能性は100%になる

あと、「 残りの1人は5人の番号をすべて見ることができる。 」
この情報だけじゃ、
Aの立場からして、ただ4つの数字が見えてるだけか。
4人と4つの数字の対応まで見えるのかが分からない。そこの設定でも確率は変動する。


108 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/12(月) 18:01:05
ちげ、こっちだ
>5人は他人の番号は分かるが、自分の番号は分からない。
これが、人と数字の対応まで見れるのか、数字だけが見えるのかが分からない

109 :(u_・y) ◆e6.oHu1j.o :2010/04/13(火) 13:59:18
ああ、夢デバッグしたけど確率もうちょい低いな。
自分の番号が見えないから、カードを渡した奴には「合図の勘違い」が発生する可能性がある
そいつは、別の合図だと気づかないで、確実に間違えた数字を答えちゃうな
計算ミスあった全体で今より1000分の1くらいは確率下がる
ねみ

110 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 20:03:56
富士通さんこの不景気の中でもすごい好業績ですね

しかもハード部門を除くITサービス部門では、38%が海外だってさ。
そろそろ「ものづくり製造業」から脱却しようよ。

テクノロジーソリューション 
1サービス
2009年度
売上高 25,104
(国内)155,76
(海外) 9,527
営業利益 1,311
2システムプラットフォーム
2009年度
売上高 6,106
(国内)4,139
(海外) 1,967
営業利益 213
http://pr.fujitsu.com/jp/ir/finance/2009/pdf/all.pdf

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)